胃が痛いときにコンブチャがよい

胃が痛いときにコンブチャがよい

胃が痛いという経験はだれにでもあります。あまりにも激痛のときはすぐに病院に行く必要がありますが、ちょっと痛いくらいのときはじつは、コンブチャを飲んでみる、あるいは日常からコンブチャを飲む習慣をつけておくのがおすすめです。

 

コンブチャというと、お年寄りが飲むイメージを持つ人がいますが、それはおおきな間違いです。なぜならコンブチャはとってもからだに優しくて、健康に役立つ飲み物だからです。

 

コンブチャにはうまみ成分のグルタミン酸のほかに、アルギニン酸が含まれています。昆布のぬるぬるはじつは、このアルギニン酸です。これが人の体の成長ホルモンを活性化させてくれたり免疫力をつけてくれるものです。

 

粘膜の保護もしてくれるために、胃が痛いときにも胃の中の粘膜を保護してくれるのです。そのため、胃がいたいときもの胃の修復をしてくれるために、胃にやさしい飲み物ということになります。

 

胃がいたいときは、安静にする必要がありますが、胃が弱いという人は日常的に飲む習慣をつけておくと、胃を守る意味でもいいでしょう。

 

さらにはカフェインが含まれていないので、おこさんでも安心して飲むことができるのも、メリットといえます。おいしいので、だれにでも喜んで飲めます。